パティシエに憧れて製菓専門学校に通いたいけれど、不器用なので向いていないかもしれないと迷っているという人もいると思います。しかし、手先の器用さは元々の素質だけで決まるものではありません。何度も練習を重ねることで、細かい作業もできるようになっていきます。
ですから、手先の器用さよりも大切なのはやる気やチャレンジ精神です。やる気やチャレンジ精神がないと練習を続けることもできませんし、技術を向上させることもできません。

製菓専門学校は不器用な人には向いていない?

不器用な人には向いていない? 製菓専門学校では、ケーキやスイーツといったお菓子作りを基礎から学ぶことができます。調理器具の取り扱い方や軽量の仕方、素材の扱い方など基本的な技術をトレーニングしながら覚えていきます。また、食文化や衛生面、作業工程に対する知識なども学びます。また、店舗の運営やマネジメントなどを学ぶ場合もあります。
製菓専門学校では様々な分野を幅広く学び、お菓子作りに必要な技術を身につけていきます。調理器具の取り扱い方や素材の扱い方を学び、トレーニングを重ねることで手先が不器用でもしっかりと調理器具や素材を扱えるようになっていきます。
基礎がしっかり備わっていないと練習しても上手くいかないことも多いので、基礎からしっかりトレーニングする必要があります。

料理初心者だと製菓専門学校の実習についていけない?

料理初心者だと実習についていけない? 製菓専門学校に入学される方で料理に関しての知識や技術が全くない初心者の方の場合入学後に基本的な技術の講義や知識面での講義、お菓子の歴史や由来についての講義が充実しているため、料理の経験が少なく技術的な初心者であっても問題なく講義についていくことが出来ます。
また、製菓専門学校では技術的な講義だけではなく、お菓子が作られるようになった歴史的な出来事や由来や知識などの講義を受講することが出来るため身体面だけでなく、精神面での充実を図ることもおすすめです。
さらに、製菓専門学校では製菓の技術面や知識面の講義ではなく、卒業後に開業する場合に必要となるサービス面での講義やビジネス面での基礎的なマナーやサービスを学ぶための講義を受講することが出来る製菓専門学校もあるので、卒業後の進路に自身の店舗を開業されるつもりの学生はそういった点を考慮することが必要になります。
最後に製菓作成において重要な技術指導の講習は積極的に学ぶ姿勢が重要になっており、講師の方々のサポートを十分に活用して一日でも早く立派な製菓を作成することが出来るように邁進し努力する姿勢が大切になりますので、入学後に自身が進むべき進路を明確にして目標に向かって努力する必要があります。

おすすめ製菓専門学校関連リンク

調理師や食品衛生など、1年で5つの資格取得が目指せます。

製菓専門学校はこちら